Twitterはこちら 関連サイトリンク

【レコーディングダイエット】私がウエスト”-20cm”を達成した最もおすすめの方法

ダイエット

みなさん、こんにちは。だんごまるです。

  

  

今回は、ダイエットに挑戦中だけどなかなか効果が出なくて悩んでいるという方向けに、私がダイエットをしてきた中で最もおすすめしたい方法を紹介していきたいと思います。

  

  

みなさん、どのようなダイエットの悩みを持っていますか?

  

私はダイエットを始めて1~2年は、

  

 ・筋トレやジョギングなど、運動しているのに痩せない。

 ・食事量を抑えたり炭水化物を減らしたりしているけど効果が出ない。

 ・日々の体重変動が大きく、毎日の結果に一喜一憂してしまう。

 ・少し痩せても気づいたらリバウンドしている

  

などなど、様々な悩みを抱えて、順調なダイエットからは程遠い状態でした。

  

  

そんな私でも

  

■体重 -kg (73kg ⇒ 56kg)

■ウエスト -20cm (94cm ⇒ 74cm)

  

という感じでダイエット成功につなげることができた”ある方法”を紹介します。

  

  

だんごまる
だんごまる

 皆さんのダイエットに、少しでも貢献できたら嬉しいです! 

  

  

私が最もおすすめしたいダイエット方法

  

私が最もおすすめしたいダイエット方法は

「ダイエットに関する記録をとること」=「レコーディングダイエット」です。

  

  

ダイエットに関する記録とは、

・食事内容

・運動量

・日々の体重

  

これらを毎日記録していくことで、私のダイエット生活が好転しました!

  

  

「いやいや、そんなことで痩せられるなんて嘘だよ!」と思われるかもしれませんが、次章から詳しく説明していきます。

  

  

痩せる原理

  

記録の話の前に少しだけ、痩せる原理の話を。

  

私が実感した痩せる原理とは、シンプルに

  

 摂取カロリー < 消費カロリー

  

という関係です。

  

  

・摂取カロリーより消費カロリーのほうが多い⇒痩せる

・消費カロリーより摂取カロリーのほうが多い⇒太る

  

だからこそ痩せるために、

・摂取カロリーを減らす(食事量を減らす、脂っこいもの(脂質)を控える、など)

・消費カロリーを増やす(運動、筋トレで基礎代謝UP、など)

という方策のもと、ダイエットに励んでいると思います。

  

  

なぜ記録をとるのか ~レコーディングダイエットのメリット~

  

記録をとるメリットは4つ。

  

① ダイエット活動の実施量を明確に把握できる

② ダイエット効果が実感できる

③ 記録に残すことで意識が変わる

④ 摂取カロリーや消費カロリーを生活の中でつかめるようになる

  

  

① ダイエット活動の実施量を明確に把握できる

  

ダイエットで、”食事の量を減らしている”や”運動している”けど痩せないという経験をお持ちの方がいるかと思います。(私もそうでした。)

  

  

これは私のダイエット生活の中で実際に記録をとるようになって分かったことですが、普通に1日3食の食事をしていると意外と多くのカロリーを摂取してしまっています。

  

また、ある日は食事量を減らしたりヘルシーなメニューに変えていても、1週間トータルで見るとカロリーオーバーだったということもありました。

  

運動に関しても同様で、自分ではしっかりと運動したつもりでも、消費カロリーとしては大したことなかったり、これまた1週間で見ると全く運動量が足りていなかったりしました。

  

  

記録をとることでこうした”やったつもり”を減らせる足掛かりになります。

  

そして、しっかりとした数値での目標となり、達成に向けた意識付けができます。

  

  

② ダイエット効果が実感できる

  

ダイエットをしていると毎日体重計に乗っている方も多いかと思います。

日々の体重変化に一喜一憂。非常に気持ちはわかりますし、昔の私もそうでした。

  

しかし、体重はたとえ毎日同じ時間・タイミングで計ったとしても変動します。

(その日の食事量やお通じなど様々な影響)

  

  

体重の記録をとりグラフ化することで、2週間や1か月のスパンでの変化を見ることができ、ダイエット効果が出ていれば日々の結果は増減を繰り返していても、全体的には減少していく傾向が見えます。

  

そうすることでダイエットの効果も実感できるようになります。

  

後ほど私の体重変化経緯を載せますが、日々の増減と長期スパンでの減少傾向が見て取れると思います。

  

  

③ 記録を残すことで意識が変わる

  

①でも少し話しましたが、記録をとっていると食事量や運動量が数値でしっかりと、目に見える形で把握できます。

  

そのため例えば、

  

「夕食後に少しだけおやつを食べよう…ホント少しだけだから……」

「今日は仕事中によく動いたから、日課の運動はやらなくていいかな…」

↓↓↓

「夕食時点で1日の摂取カロリーに達しているから、おやつは我慢しよう」

「今日の現時点での運動量は目標未達だから、もう少し動こう」

  

意識が変わるきっかけになります。

  

  

④ 摂取カロリーや消費カロリーを生活の中でつかめるようになる

  

記録に慣れてくると、食品のカロリーや運動の消費カロリーが何となくですがわかるようになります。

そうなると、③で話したダイエットへの意識がより強くなり、日常の中でしっかりと気を付けることができるようになります。

  

  

  

「記録をとる」を実践した結果

  

前記事「【ダイエット成功実績】小学生のころからずっと肥満体型だった私が痩せた話」でも紹介したように、私のダイエットにおける体重推移の記録が下の図になります。

  

1つ目は記録をとる前の推移(記録をとっていないのでかなりプロット数が少ないです。)、2つ目が記録をとり始めた後の推移です。

  

  

  

  

記録をとる前は一時期少し痩せるも、リバウンドでかなり戻ってしまっていました。

  

記録をとることでリバウンドしやすい時期を乗り越え、とうとう目標としていた標準体重に到達することができました!

  

  

  

私が記録をとるのに使ったもの紹介

  

最後に、私がダイエット記録をとるのに使ったものを紹介して終わろうと思います。

  

  

私が使ったのはスマホアプリの「あすけん」です。

  

このアプリでは、

  

①食事の記録

②運動の記録

③体重や脂肪率の記録

  

ダイエットで記録したい項目がすべて記録できます。

  

  

良いところとしては、

  

・1日の摂取カロリーがわかる

・1日の摂取栄養素(炭水化物やたんぱく質、脂質、各種ビタミンなど)がわかる

・1週間や1か月での摂取カロリーや栄養素がわかる

・運動量(消費カロリー)も上記食事関係と同様にわかる

・目標体重を設定すると、1日の目標摂取カロリーと消費カロリーを自動で設定してくれる

・かなり多くの食事メニューや運動メニューが登録済みなので、メニューを選ぶだけでカロリーや栄養素を自動計算してくれる

  

と、本当にこのアプリ1つでダイエットのための記録がすべてまかなえて、とても重宝しています。

 

  

参考に、実際のアプリ画面を載せておきます。

  

レコーディングダイエットアプリ
あすけん
アプリ画面

  

  

以上、今回紹介したダイエットの「記録をとる=レコーディングダイエット」方法は、私自身が本当に出会えてよかったと感じている方法です。

  

みなさんにもぜひ、試していただけたら、そして良い結果につながったらとても嬉しいです。

  

  

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

  

質問などありましたら、コメント欄・問い合わせ・リンクのTwitterなどで遠慮なく聞いてくださればと思います。

  

  

それでは、また次回の記事も読んでいただけると嬉しいです。

  

  

◆ダイエットのための運動には『ウォーキング』がおすすめ!

  

◆1日の体重変化が気になる方に

  

  

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました